社会人として仕事をするのに必要な心構え

組織で働く社会人として

組織で働く社会人として

仕事の心得はどんな職業であっても同じです。仕事は1人だけでは成し遂げられません。どんなに単独で仕事をしていても、ひとつの組織に属している以上チームワークが不可欠となります。業務報告や助け合いの精神、責任感を心得て行動しなければいけません。その為、「ほうれんそう」や「応授援=オウジュエン」の活用や、社会人としての責任を持つ事が要求されます。人命を預かる医療従事者の基本となる心得は、チームワークを乱さないよう自分に力をつけていく事だと思います。

  • 業務の基本「ほうれんそう」

    「ほうれんそう」は報告、連絡、相談の3つを合わせた造語になります。この「ほうれんそう」は全ての仕事に共通する基本の心得となり、新人時代はこの基本にそって仕事を進めていきます。特に医療従事者は、この「ほうれんそう」が必要とされます。医療従事者は、チーム内で常に患者さんの情報を共有し治療や看護を進めていく必要があります。その為、カンファレンスなどを設けて情報の共有化を図っていますが、「ほうれんそう」を行う事で効率的にコミュニケーションをとる事ができます。

  • チームとして支え合う精神を

    社会人に必要なのは「応授援精神」です。「何かお手伝いしましょうか」の声掛けがとても大切だと言われてます。人間関係の希薄さは益々進んでいて、隣に住んでいるが誰なのか知らないと言います。このような希薄さは仕事へも影響が出てしまいます。困っている人を見たら積極的に声をかけていきましょう。「情けは人の為にならず、巡り巡って己がため」の言葉通り、困っている人のお手伝いをする事で、自分が困った時に救いの手が差し伸べられるのです。

  • 全ての行動は自分の責任

    学生と社会人の違いはどこにあるのでしょうか。それは責任の違いではないかと思います。学生の時とは違い、時間厳守を求められるようになりますし、好き嫌いで人間関係を作る事はできません。なぜなら仕事の約束を守れない人は信用を失くしますし、先輩や上司、他医療スタッフを好き嫌いで選ぶ事ができません。学生の時のようなノリで社会人をしてしまえばあっという間に評価が下がります。社会人の心得は責任を持つ事、これがとても大切です。

医療の現場で必至のスキル

  • チームとして支え合う精神を
    チームとして支え合う精神を

    「応授援」とは、支援を授ける精神の事を言います。社会人として持つべき心得は、人や企業の為にどんなお手伝いができるかを考える事です。人間関係が希薄になっいる世の中だからこそ、「何かお手伝いできますか?」と声がけをしましょう。詳細はこちら

  • 患者とのコミュニケーションは必至
    患者とのコミュニケーションは必至

    医療従事者として持つべき心構えは、患者さんとのコミュニケーションを円滑にする事です。その為には聞きだす力や伝える力を身につけ、患者さんと意思疎通できるようになりましょう。スキル取得にはスクールに通う事をお勧めします。詳細はこちら

  • 業務の基本「ほうれんそう」
    業務の基本「ほうれんそう」

    報告・連絡・相談を意味した「ほうれんそう」は、社会人1年目に必要なビジネススキルです。組織に所属して働く社会人は、さまざまな人と関わり合って仕事をしますので、仕事を円滑に進める為の「ほうれんそう」を確実に実行していきましょう。詳細はこちら